群馬県の古民家再生の工務店

群馬県の古民家再生・リフォーム・リノベーションの工務店や設計事務所の情報をご紹介します。

  • スタジオ・ボーダー

 

群馬県で古民家再生・リフォーム・リノベーションに強い業者はほとんどありません。

※今後も調査していき、随時情報をあげていきます。

群馬県の気候での古民家再生の注意点は?

群馬は北に山岳地帯、南に平野が広がる県です。

そのため、北部と南部で気候が違います。

 

また、群馬県の特徴は「夏暑く、冬寒い」ことです。

 

群馬県の気候は「日本海側気候」「中央高地式気候」「太平洋側気候」に大別されます。

 

北部が「日本海側気候」で、沼田市や中之条などがあるエリアです。

冬には雪が降り、気温もマイナスまで下がります。

 

南西部が「中央高地式気候」で、主に高崎市のエリアです。

 

中部が「太平洋側気候」で、前橋、伊勢崎、桐生、館林などがあるエリアです。

 

冬は北部では雪が降り晴天日は少ないですが、平野部では関東らしい冬の晴天日が多いです。

 

平野部では「赤城おろし」とも呼ばれますが、からっ風が吹き冬は乾燥します。

 

北部の雪が多い地域では、断熱性を高める工事が重要です。

 

古民家の隙間をなくすリフォームや、断熱材を入れる工事、床暖房を入れる工事など寒さ対策の工事です。

 

ただ、断熱性を上げる工事は、湿気対策に注意が必要です。

断熱性を高めて建物の密閉性を上げてしまうと、湿気が古民家内にこもりやすくなり、カビの発生につながります。

 

柱や梁など基礎部分が湿気で腐ってしまうリスクもあります。

きちんと通気性もある古民家再生・リフォーム・リノベーションをすることが重要です。

 

また、屋根を融雪の屋根にすることで、冬の雪下ろしが楽になります。

 

古民家に住む人の高齢化が進んでいる現代は、雪下ろし対策もしておく必要があります。

屋根のリフォームも検討しましょう。

 

ただし、屋根から落ちた雪は従来通り雪かきをする必要があります。

リフォーム業者ではない第三者の古民家再生の相談窓口

リフォームやリノベーション業者によるトラブルが跡を絶ちません。

 

古民家再生は高度な技術・知識が必要な、難易度の高いリフォーム・リノベーションです。

一般の工務店・業者には工事ができません。

 

ところが、リフォーム工事案件を取りたい業者は「うちは何でもできますよ!」と営業してくるところもあります。

 

そうした業者にリフォーム・リノベーションを頼んでしまうと、古民家診断や調査が甘かったり、工事技術がなくて、手抜き工事や欠陥住宅になってしまうリスクがあります。

 

どの工務店・業者に相談しても「うちは良いですよ!」としか言わないため、どこに相談していいのかわかりません。

 

そうしたときに有効なのが「工事業者ではない、第三者の古民家再生の相談窓口」に相談することです。

 

こうした第三者機関は工事をしないため、相談者の立場にたって古民家再生・リフォーム・リノベーションの相談にのってくれます。

 

「古民家再生・リフォーム・リノベーションに失敗したくない」という方は、こうした信頼できる第三者の相談窓口を有効活用しましょう。