古民家

古民家や空き家の管理・メンテナンスが問題視されています。

 

古民家など古い家屋は床面積が広いことも多く、掃除や維持管理にも時間・労力・お金がかかります。

 

特に立派な古民家は、現代の一般住宅よりも床面積が2〜3倍と広いため、メンテナンス・管理が大変です。

空き家の管理・メンテナンスはしんどい…

空き家

古民家に居住している人の高齢化や、古民家の後継者がおらず、相続後に空き家になってしまう事例が全国で多発しています。

 

実家の古民家・空き家を相続した子供世代も、マイホームをすでに建てて他の地で暮らしていることが多いため、古民家・空き家がいらないという現実もあります。

 

「子供時代を過ごした実家だから…」としばらくは管理・メンテナンスをする人もいますが、それも何年も続きません。

 

子供世代も歳をとりますし、特に空き家の管理・メンテナンスは時間、労力、お金がかかります。

掃除

空き家の窓を開け閉めしたり、掃除したり、草むしりしたり…。

それを貴重な休日にやると1日がかりの大仕事になり、休日をゆっくり過ごすこともできません。

 

近年ではそうしたニーズに答えるために「空き家管理サービス」が増えています。

空き家の維持管理を業者に任せることができます。

 

ただし、当然費用がかかりますので、慎重に検討してください。

空き家になった実家を維持するためだけに労力、時間、お金を遣い続けるのは「掛け捨て」のような状態であり、根本解決にはなりません。

古民家は冬寒い…

寒い

また、古民家は現代の住宅とは設備が違います。

古民家の特徴の1つが「夏は涼しいけど、冬寒い」です。

 

古民家は断熱材が使われていなかったり、暖房効率が悪かったり、隙間風が入りやすかったりと、冬は大変寒いです。

 

正直、快適とは言えないでしょう。

こうした古民家を管理・メンテナンスしていくには、リフォームやリノベーションの必要性も出てきますが、当然費用がかかります。

耐震性の問題

耐震

また、古民家は耐震性の問題もあります。

古民家の状態が悪ければ、大型の地震がきたときに倒壊のリスクがあります。

耐震補強工事も必要ですが、これも費用がかかります。

 

また、空き家を放っておけばどんどん荒廃が進みます。

大型の地震が来た際に倒壊して、隣家を損傷させてしまうリスクもあります。

古民家や空き家をどうするか?

茅葺屋根の古民家

以上のように、古民家や空き家の管理・メンテナンスは大変です。

 

具体的な方法をご紹介しておきます。

  • リフォームやリノベーションして、暮らしやすくする(ただし費用がかかる)
  • 解体する(これも費用がかかる)
  • 売却する(解体して更地にしないと売りにくい)
  • 賃貸に出す(事業用古民家は借り手が借りたくなる家でなければいけませんので、リフォームなどが必要になるかも)
  • 宿や旅館にする(旅館業の届け出が必要なのと、建築基準法を満たすリフォームが必要。集客できなければおしまい…)
  • 民泊にする(外国人トラブルにも対応しなければならない)
  • とりあえず放っておく(なんの解決にもならない)

以上のような選択肢が考えられます。

 

ご自身の古民家、空き家をどうしていくかを慎重に検討しましょう。

 

もし、質問・ご相談・お問い合わせがあれば、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

おなまえ(ふりがな・任意)

都道府県(任意)