アイフルホームの古民家再生・リフォームの口コミや評判

アイフルホームの古民家再生・リフォームの評判をご紹介します。

 

アイフルホームはフランチャイズを展開しているため、実際に工事をするのはアイフルホームではありません。

 

アイフルホームにフランチャイズ加盟している工務店です。

会社概要

アイフルホームの会社情報をご紹介します。

本社所在地:東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー(旧 日鐵NDタワー)

事業内容は、

  • 建設業に対する技術援助、コンサルタントに関する事業。建築に関する研究
  • 研修、広告宣伝の受託。住宅建築材料及び住宅施設機器の販売。建築物の設計、その他

となっています。

 

前述の通り、工務店が加盟するフランチャイズのため、アイフルホームがリフォーム工事をするわけではありません。

 

そのため、リフォーム工事を依頼する工務店の技量によります。

ローコスト住宅で有名です。

アイフルホームの口コミ・評判は?

アイフルホームの古民家再生の評判はありませんでした。

 

ちなみに、アイフルホームのリフォームの評判をご紹介します。
※古民家再生の評判ではありません。ネットに書かれているものをまとめたものです。

 

また、アイフルホームの口コミ・評判というよりは、実際にリフォーム工事を依頼した工務店の評判になるので、参考までに。

  • 営業の人が雑
  • CMにお金をかけるくらいなら丁寧な仕事をしてほしかった
  • 仕事が丁寧
  • 値引きが多すぎて怪しかったので辞めた

となっています。

 

厳しい意見もありました。

古民家で民泊ビジネスはできるのか?

2018年6月15日から民泊新法が施行されます。

一般家庭でも、宿泊客を泊めてお金をもらうことができるようになります。

 

以前は「旅館業法」の申請を出して認可を受けていないと、宿泊ビジネスを行うことはできませんでした。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、宿泊先が不足することも想定されており、日本でも民泊の自由化が進んでいます。

※海外では民泊は比較的行われています。

 

民泊新法では、宿泊客を宿泊させる日数の上限は、1年で180日未満までと定められています。

空き家も民泊ビジネスができる

実際に人が住んでいる古民家だけでなく、空き家でも民泊をすることができます。

※もちろん、届け出を出して認可されることが条件。

 

空き家はそれだけでは全く利益を生みません。

住んでいないのにも関わらず固定資産税はかかりますし、定期的な清掃やメンテナンスも必要です。

 

「お金が出ていくばかり」というのが現実ですよね。

 

空き家を民泊にすることで、収益物件に変えることもできます。

 

それまではお金が出ていくばかりだった空き家が、お金を生み出す不動産に変わることもあるのです。

商売である以上はある程度の質は求められる

空き家や古民家で民泊ビジネスができるといっても、必ずうまくいくわけではありません。

 

清潔であること、趣を感じられること、旧日本家屋の良さが残っていること、臭気がないこと、ある程度の利便性があることなども重要です。

 

人様からお金をいただいて泊まってもらうわけですから「泊まってみたい!」と思えるレベルに古民家・空き家を保つ必要があります。

 

清掃はもちろんのこと、あまりにも状態が悪ければリフォームやリノベーションも必要でしょう。

 

商売である以上は、最低限の心地よさは確保しなければいけません。

外国人観光客のトラブル

民泊でもっとも怖いのが、宿泊客とのトラブルです。

旅館やホテルはそうした顧客対応のプロがいるわけですから、クレーム対応など教育がされています。

 

ところが、民泊は個人ビジネスですので、そうしたトラブル対応の際にどうするかを事前に決めておく必要があります。

 

特に怖いのが外国人観光客です。

海外では、日本は人気の旅行先です。

 

治安も良いですし、きれいですし、料理もおいしく、四季も感じられる。

自分が外国人だったら「日本に行ってみたい」という気持ちもわかりますよね。

 

2020年の東京オリンピックが近づいていることもあり、今後も外国人観光客は増えていくでしょう。

 

東京や大阪など首都圏だけでなく、地方都市への旅行をする外国人観光客も増えています。

そのときに古民家や空き家の民泊はビジネスチャンスにはなります。

 

ところが、外国人観光客とのトラブルは想定しておく必要があります。

 

外国人観光客のトラブルとして代表的なのは、

  • 深夜の騒音で近隣からの苦情
  • 酒に酔って暴れまわる
  • 他の宿泊者に迷惑をかける、暴力をふるう
  • 火事を起こす
  • タバコの不始末
  • 宿泊施設内の物品の盗難
  • 宿泊施設内の設備の破壊
  • 日本人には理解できないゴミの扱い、ゴミの捨て方
  • 汚物トラブル
  • 自殺する
  • 殺人事件

です。

 

もちろん、こんなことをする人は一部ですが、いることはいるということです。

 

こうしたトラブルが発生したときは非常に面倒くさそうですよね。

民泊ビジネスにはデメリット・リスクがあることも抑えておきましょう。

 

詳しくは『古民家や空き家や別荘を民泊にできるのか?』を読んでみてください。

まとめ

アイフルホームは工務店のフランチャイズですので、古民家再生ができるとは限りません。

 

アイフルホームのフランチャイズに加盟している工務店が古民家再生に強ければ良いですが、古民家再生の実績がない工務店がほとんどです。

 

古民家に詳しくない工務店に頼むと、古民家再生は失敗します。

業者選びは慎重に行いましょう。