岩手県

岩手県の古民家再生・リフォーム・リノベーションの工務店の情報をご紹介します。

あなたの古民家再生の参考になればうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

伸和ハウス

古民家

伸和ハウスは岩手県一関市にあります。

創立は昭和52年です。

従業員は48名で、中堅ビルダーというところです。

 

支店が、

  • 一関店:一関市竹山町3番9号
  • 水沢店:奥州市水沢佐倉河字梨田川71-1
  • 北上店:北上市上江釣子16地割119番地

にあります。

 

youtubeを調べてみたところ、CMなど動画がありましたので、参考に見てみてください。

古民家再生にも力を入れているようで、築100年以上の古民家再生の実績もあるようです。

参考:伸和ハウス「継承の家

 

スタッフさんの顔と名前も公開していて、なかなか信頼できそうです。

参考:伸和ハウス「スタッフ紹介

 

残念ながら評判や口コミはありませんでした。

岩手県の古民家再生

古民家

岩手県で古民家再生・リフォーム・リノベーションに強い業者はほとんどありません。

 

岩手県には古民家が多いため、古民家再生ができる業者が少ないのは困ったものですね。

岩手県の気候での古民家再生の注意点は?

中尊寺

岩手県の内陸はほとんどが山岳地帯です。

そのため、内陸部では冬に雪が多くなります。

 

また、湾岸部でも大雪になることがあります。

 

春や夏にオホーツク海高気圧ができると、冷たく湿った偏東風である「ヤマセ」が吹くことで、低温多湿な気候になります。

 

この時期は曇りや小雨が長く続くことで冷夏になる年も多いです。

梅雨明けが確認できないまま秋になることもあります。

 

夏は太平洋高気圧の勢いが強まるとかなり気温が高くなります。

内陸部では仙台湾方面から北上川沿いに湿った南風が吹くため、湿気が多くなります。

断熱

こうした岩手県の気候の特徴から、古民家再生・リフォーム・リノベーションには断熱性を高める工事「湿気対策の工事」融雪屋根の工事が重要です。

 

断熱性を高める工事は、湿気を逃がす通気口を造っておかないと、湿気が古民家内にこもってしまいます。

 

湿気は古民家の劣化を早めます。

 

カビの発生や、柱や梁など古民家の基礎構造部分の劣化が進み、もろくなってしまうリスクがあるため注意してください。

 

冬の湿気、ヤマセによる春夏の湿気の対策も重要です。

雪下ろし

また、古民家に住む人たちの高齢化が進んでいますので、雪下ろし対策にも融雪屋根は有効です。

 

費用は高いですが、雪下ろしの回数を減らすことはできます。

ただし、屋根から落ちた雪の処理は必要です。

リフォーム業者ではない第三者の古民家再生の相談窓口

古民家再生

リフォームやリノベーション業者によるトラブルが跡を絶ちません。

 

古民家再生は高度な技術・知識が必要な、難易度の高いリフォーム・リノベーションです。

一般の工務店・業者には工事ができません。

 

ところが、リフォーム工事案件を取りたい業者は「うちは何でもできますよ!」と営業してくるところもあります。

 

そうした業者にリフォーム・リノベーションを頼んでしまうと、古民家診断や調査が甘かったり、工事技術がなくて、手抜き工事や欠陥住宅になってしまうリスクがあります。

 

どの工務店・業者に相談しても「うちは良いですよ!」としか言わないため、どこに相談していいのかわかりません。

 

そうしたときに有効なのが「工事業者ではない、第三者の古民家再生の相談窓口」に相談することです。

 

こうした第三者機関は工事をしないため、相談者の立場にたって古民家再生・リフォーム・リノベーションの相談にのってくれます。

 

「古民家再生・リフォーム・リノベーションに失敗したくない」という方は、こうした信頼できる第三者の相談窓口を有効活用しましょう。