計画機構一級建築士事務所の口コミや評判

計画機構一級建築士事務所の古民家再生・リフォームの口コミ評判をご紹介します。

 

ホームページがないため、詳細な情報をとることができませんでした。

計画機構の会社概要

計画機構一級建築士事務所の会社概要をご紹介します。

本社所在地:東京都武蔵野市境1-22-9

 

古民家設計をしているようです。

ホームページがないため情報をとることができませんでした。

 

工務店や設計事務所はホームページをもっていない個人事務所も多いです。

 

計画機構は「一般社団法人 全国古民家再生協会」に登録しています。

 

古民家について何かをしているようなのですが、情報がほしいところです。

口コミや評判は?

ホームページがなかったため、計画機構さんの口コミ・評判はありませんでした。

古民家再生やリフォーム費用を火災保険からもらう方法

計画機構さんの話とは関係ありませんが、古民家再生やリフォームに役立つ情報をご紹介します。

 

古民家再生にかかる工事費用は高いものです。

古民家は一般住宅のリフォームとは違い、専門的な知識や熟練の技術が必要です。

 

古民家に強い建築士さんや職人さんは少ないため、どうしても設計料や工事費が高くなってしまいます。

 

なんとか、この高い工事費用を下げる方法がないか、私も模索していました。

 

その中に「これはおもしろい!」と思った方法をご紹介します。

それが『火災保険からお金をもらう方法』です。

火災保険というと「火事の保険」をイメージする人が多いと思いますが、実は火災保険は火事の保険ではありません。

知っていましたか?

 

たしかに火災保険の見積書や約款を見直してみると、火事以外も補償してくれているのです。

 

正確に言うと「火事も補償してくれるし、火事以外も補償してくれる保険」です。

火災保険とは「建物の保険」です。

 

「偶然・突発・自然災害」のどれかで家屋が損傷した場合、その修理費用を出してくれるのが火災保険なのです。

 

「火災保険」という名前から、てっきり火事の保険だと思ってしまいますよね。

 

ご自身の古民家で「偶然・突発・自然災害」のどれかで、壊れてしまった部分がありませんか?

 

例えば、

  • 雨漏りしている
  • 雨どいが壊れている
  • カーポートの屋根に穴があいている
  • 風で瓦がずれた
  • 台風でテレビアンテナが曲がってしまった
  • 飛び石で窓ガラスが割れてしまった
  • 屋根から雪が落ちて1階の屋根がへこんでしまった

などがあれば、火災保険から給付金をもらえる可能性があります。

 

火災保険は「建物の保険」ですから、こうした損壊箇所らを修理する工事費用を火災保険会社が出してくれます。

なかなか給付金をくれない保険会社

この火災保険から給付金をもらう方法は、保険契約者として当然の権利ですが、給付金を出し渋る保険会社があるので覚えておきましょう。

  • 東京海上日動火災保険
  • 国民共済
  • 県民共済
  • 都民共済
  • 府民共済
  • 道民共済
  • JA共済

の火災保険は、なかなか給付金がおりません。

 

もし可能であれば、火災保険会社を変えることも検討しましょう。

火災保険からお金をもらう方法の注意点

火災保険からお金をもらう方法の最大の注意点は「リフォーム前でないと申請できない」ということです。

 

古民家のリフォームをし終わってしまうと給付金請求をすることができませんので、注意してください。

 

詳しくは『古民家・空き家のリフォーム・解体費用を火災保険からもらう方法』を読んでみてください。

まとめ

計画機構さんの評判や口コミはありませんでした。

古民家の設計はやっているようなのですが、なかなか情報がないという感じです。

 

業者選びは慎重に行いましょう。