ノザケン野澤建設の口コミや評判

ノザケン野澤建設の古民家再生の口コミや評判はどうなのでしょうか?

 

ノザケン野澤建設は北海道札幌市にある建設会社です。

古民家再生はどうなのか、調べてみました。

ノザケン野澤建設はどんな会社?

ノザケン野澤建設はどのような会社なのでしょうか?

設立は2016年と、まだ若い会社です。

資本金は100万円で、従業員数1名ということですので、ほぼ個人でやっているような感じでしょう。

 

本社所在地は北海道札幌市北区新川5条6-2-17です。

 

対応可能な工事は、

  • 家全体の工事
  • トイレ
  • キッチン
  • 浴室、洗面
  • 外壁工事
  • 屋根の工事
  • エクステリア
  • 玄関、窓の工事
  • 内装(居間や寝室など)
  • マンションリフォーム
  • 太陽光システム

となっています。

 

有資格は、

  • 一級建築士
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 増改築相談員

となっています。

 

ただし、ホームページがなかったため、あまり情報がありませんでした。

 

また、古民家再生に関する情報もありませんでした。

ノザケン野澤建設の口コミ・評判は?

ノザケン野澤建設の古民家再生の口コミや評判を探してみましたが、ありませんでした。

 

まだ新しい会社のためあまり情報がないようです。

ホームページもないため、情報が少なかったです。

北海道の古民家再生のポイント

北海道の古民家再生・リフォーム・リノベーションでは、やはり冬の寒さ対策が大切です。

 

古民家の中には、床・壁・天井の断熱材が弱い家も多いです。

 

また、古民家の中には壁や床に隙間がある家もあり、そこから外の冷気が入ってきます。

 

隙間があると、どんなにストーブを焚いても暖気が外に出ていってしまいます。

 

壁、床の隙間を埋める工事、外壁工事、断熱材を入れる工事、床暖房を入れる工事などが古民家再生では有効です。

 

こうした工事をすることで古民家の気密性が上がり、冬を暖かく過ごせるようになります。

 

しかし、気密性が高まると注意なのが「湿気」です。

気密性が高まると、室内で発生した湿気が外に逃げることができず、家屋内に湿気がたまってしまいます。

 

ひどくなると結露が発生し、古民家の木材を傷めていきます。

本来、木材は調湿効果があるのですが、限界値を超えた湿気だと木材は劣化していきます。

 

また、過剰な湿気や結露はカビの発生にもつながりますので、健康被害がでるリスクもあります。

 

古民家の気密性を高める工事をする際は、同時に湿気の逃げ道となる通気口を造る必要があります。

 

古民家再生に詳しくない業者に工事を依頼すると、この湿気を逃がす通気口がきちんとしておらず、湿気がたまりやすい家になってしまうリスクがあります。

 

古民家再生は高い技術力と、古民家のことを知り尽くした知識が必要な、非常に難易度の高い工事です。

 

一般のリフォーム業者や建築会社・工務店にはできない工事です。

 

古民家再生で最も大切なのは「業者選び」です。

業者選びに失敗すると、欠陥工事になるリスクもあります。

業者は慎重に選びましょう。

 

また、必ず複数の業者に話を聞くようにしてください。

業者によって提案が違うことに驚くはずです。

 

詳しくは『古民家再生やリフォーム・リノベーションの失敗やデメリット』を読んでみてください。