大津建設の口コミや評判

大津建設の古民家再生・リフォームの口コミや評判はどうなのでしょうか?

 

大津建設は福岡県柳川市にあります。

古民家再生はどうなのでしょうか?

大津建設の会社概要

大津建設の会社概要を調べてみました。

 

所在地は福岡県柳川市大和町栄320-2です。

社員数は8人のようです。

 

有資格者は、

  • 二級建築士:3名
  • 二級施工管理技師:2名
  • 建築一級技能士:2名
  • 職業訓練指導員:2名
  • 被災建築物応急危険度判定士:1名
  • 木造建方等作業主任:1名
  • 古民家鑑定士:1名

となっています。

 

大工さんも自社で雇っているようですね。

大津建設の古民家再生

大津建設では、一般社団法人全国古民家再生協会に登録しており、古民家鑑定や古民家施工をしているようです。

 

古民家鑑定をすることで、

  • 古民家再生や移築再生をするに価値があるか
  • 古民家再生して再度住むことができるか
  • 古民家の古材を再利用して新築住宅に使えないか
  • 古民家再生するべきではないか

などがわかるようです。

 

大津建設のホームページを見ると、古民家らしき建物のリフォームの写真が載っていました。

 

古民家再生をしているようですね。

大津建設の口コミや評判は?

大津建設さんの口コミ・評判を調べてみましたが、情報がありませんでした。

 

できれば、第三者の声が欲しいところですね。

まとめ

大津建設さんでは古民家再生をしているようですが、具体的な情報はあまりありませんでした。

もう少し情報が欲しいところです。

 

古民家再生でもっとも重要なのは「業者選び」です。

古民家再生は難しい工事のため、技術がないとできません。

 

最近では古民家再生を売りにしている建築会社や工務店もありますが、実際は古民家再生の実績がほとんどない業者もあるため、注意してください。

 

古民家再生の業者選びに失敗してしまうと、欠陥工事になるリスクもあります。

 

詳しくは『古民家再生やリフォーム・リノベーションの失敗やデメリット』を読んでみてください。

古民家の移築再生

古民家の移築再生の話が出てきたので、少し触れておきます。

古民家の「移築」とは、文字通り古民家を今の場所から移動させることです。

 

移築再生には大きく分けて「解体移築」と「曳家(ひきや)」があります。

古民家の解体移築

古民家の「解体移築」とは、文字通り古民家を一度解体して、解体した部材を新しい場所で再度組み上げる移築方法です。

 

部材をトラックに載せて運べますので、遠くへの移築も可能です。

ただし、古民家の部材を傷つけないように解体する費用と、部材を運搬する費用、再度部材を組み上げる費用がかかるため、費用が高額になります。

 

移築のための解体ができる業者に解体してもらう必要がありますし、古民家を組み上げる業者に依頼する必要があります。

 

解体移築の解体や組み上げができる業者は数少ないため、費用がどうしても高額になってしまうリスクがあります。

古民家の曳家移築

古民家の「曳家移築」とは、古民家をスライドさせて移動させる方法です。

 

古民家を一度解体する必要がありませんので、移築再生のような解体費用と再度古民家を組み上げる費用がかかりません。

 

しかし、スライドさせられる距離には限度がありますので、遠くへの移築には向きません。

 

「古民家を少しずらして駐車場スペースを広げたい」「古民家をセットバックする必要がある」などの際に有効な移築方法です。

 

「古民家を移築したい」という人もいますので、こうした手法があることを知っておきましょう。

 

ただし、解体移築も曳家移築も、かなり高度な技術であり、これができる業者はかなり少ないです。

 

また、技術力の低い業者に依頼してしまうと、古民家移築に失敗してしまうリスクがあります。

 

業者選びは慎重に行ってください。

詳しくは『古民家の移築再生の費用相場は?』を読んでみてください。