徳島

徳島県の古民家再生・リフォーム・リノベーションの工務店の情報をご紹介します。

あなたの古民家再生の参考になればうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

亀井組

古民家

亀井組は徳島県鳴門市撫養町立岩字七枚114番地にあります。

古民家再生をしています。

 

従業員数62名、年間売上27億円で、徳島県を代表する地域密着の建設会社です。

 

業務内容は、

  • 注文住宅施工
  • 太陽光発電事業
  • 土木工事
  • 神社仏閣施工
  • 店舗・医院・学校・マンション・工場・宿泊施設施工
  • 公共工事
  • 古民家再生

となっています。

 

亀井組のホームページには美馬市指定文化財である吉田家の古民家再生の写真が掲載されています。

参考:亀井組「古民家再生実例集

ちなみに、亀井組の評判や口コミはありませんでした。

徳島県の古民家再生の注意点は?

徳島県

徳島県は北部と南部で気候が違います。

北部は瀬戸内海式気候で、雨が少なくて日照時間が長く、湿度が低い温暖で過ごしやすい気候です。

 

南部は太平洋側気候になり、降水量がとても多く温暖で多湿な気候です。

 

特に南部は多湿な気候のため、古民家再生・リフォーム・リノベーションには注意が必要です。

 

多くの古民家は壁や天井に隙間が空いており、これが暖房効率を下げています。

 

また、断熱材もないため冬の寒さは厳しいです。

断熱性を高める工事は、古民家の隙間をなくす工事や、断熱材を入れる工事、床暖房を入れる工事などです。

 

ただ、断熱性を上げる工事は、通気口を正しく設置しないと古民家内に湿気がこまってしまいます。

 

古民家内に湿気がこもると、カビの発生や、柱や梁など基礎部分が湿気で腐ってしまうリスクもあります。

 

湿度の高い徳島県南部の古民家再生・リフォーム・リノベーションには、正しい技術で通気口の設置が必要です。

リフォーム業者ではない第三者の古民家再生の相談窓口

古民家

リフォームやリノベーション業者によるトラブルが跡を絶ちません。

古民家再生は高度な技術・知識が必要な、難易度の高いリフォーム・リノベーションです。

一般の工務店・業者には工事ができません。

 

ところが、リフォーム工事案件を取りたい業者は「うちは何でもできますよ!」と営業してくるところもあります。

 

そうした業者にリフォーム・リノベーションを頼んでしまうと、古民家診断や調査が甘かったり、工事技術がなくて、手抜き工事や欠陥住宅になってしまうリスクがあります。

 

どの工務店・業者に相談しても「うちは良いですよ!」としか言わないため、どこに相談していいのかわかりません。

 

そうしたときに有効なのが「工事業者ではない、第三者の古民家再生の相談窓口」に相談することです。

 

こうした第三者機関は工事をしないため、相談者の立場にたって古民家再生・リフォーム・リノベーションの相談にのってくれます。

 

「古民家再生・リフォーム・リノベーションに失敗したくない」という方は、こうした信頼できる第三者の相談窓口を有効活用しましょう。