岐阜県

岐阜県の古民家再生・リフォーム・リノベーションの工務店や建設会社の情報をご紹介します。

あなたの古民家再生の参考になればうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

新和建設

 

大工

新和建設は本社が愛知県北名古屋市にあり、岐阜県美濃加茂市と岐阜県高山市に支店があります。

 

古民家再生を年間50棟以上行う、古民家再生に強い建設会社です。

リフォームの約6割が古民家再生という会社です。

 

従業員数260名と、中堅規模の建設会社です。

大工さんを自社雇用しているため、研修もしっかりしています。

 

築80~100年の古民家再生の費用相場は2000万~3000万円のようです。

 

新和建設の詳細は新和建設の評判や口コミは?愛知県や岐阜県の古民家再生を読んでみてください。

きららホーム

古民家

きららホームは岐阜県瑞穂市十七条737-1にあります。

築70年を超える古民家の再生事例があるようです。

 

施工内容は、

  • 新築一戸建施工
  • 注文建築施工
  • リフォーム(古民家再生)
  • 建替え
  • エクステリア工事

などがあります。

 

耐震補強工事や雨漏り対策の工事もしているようです。

また、リフォームに補助金を使う場合のアドバイスもくれるようです。

 

きららホームのホームページには、築50年を超える古民家再生の施工事例が載っています。

参考:きららホーム「施工事例

 

ちなみに、きららホームさんの評判や口コミはありませんでした。

御嵩建築

古民家

御嵩建築(みたけけんちく)は岐阜県可児郡御嵩町顔戸800-1にあります。

古民家再生・リノベーションをしています。

 

対応可能エリアは、

  • 可児市
  • 御嵩町
  • 多治見市
  • 土岐市
  • 美濃加茂市

などの近隣地域です。

 

御嵩建築のホームページには古民家再生・リノベーションの施工事例が載っています。

参考に見てみてください。

参考:御嵩建築「施工事例

 

御嵩建築のCM動画がありましたので、参考までに。

引用元:youtube「木の郷ぎふの家 御嵩建築

ちなみに、御嵩建築さんの評判や口コミはありませんでした。

岐阜県の気候での古民家再生の注意点は?

岐阜

岐阜県は高低差のある県です。

美濃地方の岐阜市は標高が13mであるのに対して、飛騨地方の高山は標高560mあります。

 

標高差があるため、気温もエリアで差があります。

 

岐阜県の気候で特徴的なのは「夏暑い」ということです。

真夏日や猛暑日の日数が多いのが特徴です。

 

暑いことで有名な埼玉県熊谷市と同記録の40.9℃を記録したことがあります。

冬は空気中の水蒸気量が少なく、降水量も少ないです。

 

岐阜県の古民家再生・リフォーム・リノベーションには、冬の寒さ対策が重要です。

 

古民家は壁や天井にすきまが多いので隙間をなくすリフォームや、床暖房を入れる工事、断熱材を入れる工事など寒さ対策のリフォームがが有効です。

 

ただし、断熱性を上げる工事は、湿気対策も重要です。

古民家の断熱性を高めて気密性を上げてしまうと、室内に湿気がにこもりやすくなります。

 

カビの発生や、柱や梁など基礎部分が湿気で腐ってしまうリスクがあります。

きちんと通気性もある古民家再生・リフォーム・リノベーションをすることが重要です。

 

また、古材を活かした古民家再生・リフォーム・リノベーションも重要です。

リフォーム業者ではない第三者の古民家再生の相談窓口

古民家

リフォームやリノベーション業者によるトラブルが跡を絶ちません。

 

古民家再生は高度な技術・知識が必要な、難易度の高いリフォーム・リノベーションです。

一般の工務店・業者には工事ができません。

 

ところが、リフォーム工事案件を取りたい業者は「うちは何でもできますよ!」と営業してくるところもあります。

 

そうした業者にリフォーム・リノベーションを頼んでしまうと、古民家診断や調査が甘かったり、工事技術がなくて、手抜き工事や欠陥住宅になってしまうリスクがあります。

 

どの工務店・業者に相談しても「うちは良いですよ!」としか言わないため、どこに相談していいのかわかりません。

 

そうしたときに有効なのが「工事業者ではない、第三者の古民家再生の相談窓口」に相談することです。

 

こうした第三者機関は工事をしないため、相談者の立場にたって古民家再生・リフォーム・リノベーションの相談にのってくれます。

 

「古民家再生・リフォーム・リノベーションに失敗したくない」という方は、こうした信頼できる第三者の相談窓口を有効活用しましょう。