ニトリの古民家再生やリフォームの口コミ・評判は?

ニトリの古民家再生・リフォームの評判はどうなのでしょうか?

 

ニトリは家具や日用品を販売している会社のイメージがありますが、リフォームもしています。

 

ただし、古民家再生やリフォームはやっていないようです。

ニトリの会社概要

ニトリの会社概要をご紹介します。

所在地は、

  • 東京本部:東京都北区神谷三丁目6番20号
  • 大阪本部:大阪府豊中市神州町1番1号
  • 札幌本社:札幌市北区新琴似七条一丁目2番39号

となっており、

  • 資本金:10億円
  • 従業員数:2908人
  • 事業内容:家具・インテリア用品(ホームファニシング商品)の企画・販売、新築住宅のコーディネート、海外輸入品・海外開発商品の販売事業

となっています。

ニトリの口コミ・評判は?

ニトリの古民家再生の評判はありませんでした。

古民家再生をしていないので、当然と言えば当然ですが…。

 

ちなみに、ニトリのリフォームの評判をご紹介します。
※古民家再生の評判ではありません。ネットに書かれているものをまとめたものです。

 

  • 価格が安い
  • 値段なりの仕上がり
  • 1年ほどでカビが生えてきた
  • 品質が悪い キッチンの引き出し
  • 重いものを置いたら底が抜けた
  • 社員の対応がひどかった
  • 安物買いの銭失いであった
  • 新品のはずのものが汚れていた
  • 安っぽい

となっています。

 

厳しい意見もあるようですね。

古民家再生やリフォームはDIYできるのか?

古民家再生やリフォームをDIYでやる人もいます。

確かに、リフォームの業者や工務店に頼むより費用を抑えることができるため、メリットはあります。

 

最近は古民家のリフォームDIYがテレビで取り上げられることもありますよね。

 

タレントのヒロミさんがDIYをしたり、日本テレビの有吉さん司会のテレビ番組「有吉ゼミ」では、おかずクラブと水卜アナウンサーが古民家カフェのDIYをしていましたね。

 

とても面白そうに見えますが、古民家のDIYはレベル・難易度が高いです。

リフォームは目に見えるところだけじゃない

リフォームは目に見えるところだけをやればいいというものではありません。

 

テレビのDIYは内装の壁、家具、床、照明などが多いですよね。

 

しかし、建物の基礎部分や躯体が劣化していれば、いくら内装をきれいにしても、建物自体の問題が発生していしまいます。

 

例えば、柱や梁が傷んでいて、古民家の強度自体が低下している。

 

壁や窓に隙間が空いていて、冬は隙間風が入ってきて寒い。

 

古民家に断熱材が使われていないため、冬とにかく寒い。

 

床下をシロアリに食われており、古民家の耐久性が弱い。

 

柱や梁など、躯体の腐食が進んでおり、取り換えなければいけない。

 

など、内装のきれいさよりも大切な部分のリフォームが必要なこともあります。

 

こうしたことはとても素人には不可能です。

また、耐震補強工事などとなれば、到底DIYでは不可能です。

 

やはり、古民家の重要な部分はプロの力が必要です。

DIYには限界があることを覚えておきましょう。

 

古民家の目に見える部分だけをDIYでやって、大切な基礎部分や躯体部分に重要な問題があり、返ってリフォーム費用が高くついてしまう危険性もあります。

 

必ずプロの意見も聞きましょう。

※テレビ番組は、当然プロの意見を聞いてやっています。

 

詳しくは『古民家再生やリフォームやリノベーションはDIYできる?」を読んでみてください。

まとめ

ニトリのリフォームは古民家再生はやっていないようです。

 

古民家再生・リフォーム・リノベーションの業者選びは慎重に行いましょう。