旭化成ヘーベルハウスの古民家再生やリフォームの口コミ・評判は?

旭化成ヘーベルハウス・旭化成リフォームの古民家再生・リフォームはどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、旭化成ヘーベルハウスや旭化成リフォームは古民家再生はやっていないようです。

 

鉄骨系メーカーのため、ジャンルが違うという感じです。

旭化成ヘーベルハウスの会社概要

旭化成ヘーベルハウスの会社概要をご紹介しておきます。

  • 設立:1931年5月21日
  • 資本金:1033億8900万円
  • 従業員数:30313人
  • 本社所在地:東京都千代田区神田神保町一丁目105番地

となっています。

 

事業内容は、新築請負事業、不動産関連事業、リフォーム事業、その他の事業となっています。

 

沖縄を除く全国で展開しています。

比較対象になるハウスメーカーは積水ハウス大和ハウスパナホーム三井ホームスウェーデンハウスです。

 

鉄骨系メーカーのため、古民家再生やリフォームはやっていないようです。

ヘーベルハウスの口コミ・評判は?

へーベルハウスの古民家再生の評判はありませんでした。

 

古民家再生をしていないので、当然といえば当然ですが。

古民家再生やリフォーム費用を火災保険からもらう方法

古民家再生・リフォーム・リノベーションの費用が高いです。

古民家は専門的な知識と熟練の技術が必要なため、それができる設計士や職人さんの数が少ないのです。

 

そのため、当然人件費は高くなります。

古民家再生をする際は、余裕をもった資金計画が大切です。

 

工事費用が高い古民家再生ですが、工事費用をまかなう良い方法があります。

 

それが『火災保険からお金をもらう方法』です。

火災保険からお金をもらうためには知っておかなければいけないことがあります。

火災保険は火事の保険ではない

火災保険というと「火事の保険」をイメージする人が多いと思います。

ですが、火災保険は火事の保険ではありません。

 

正確に言うと「火事も補償してくれるし、火事以外も補償してくれる保険」です。

火災保険とは「建物の保険」です。

 

「偶然・突発・自然災害」のどれかで家屋が損傷した場合、その修理費用を出してくれるのが火災保険なのです。

 

皆さんの古民家は「偶然・突発・自然災害」のどれかで、壊れている部分がありませんか?

 

例えば、

  • 台風で瓦がずれた
  • 台風でパラボラアンテナが曲がった
  • 雨どいが外れている
  • 雪でカーポートの屋根がへこんだ
  • 飛び石で窓ガラスが割れた
  • 塀にヒビが入っている
  • 雨漏りしている

などなど。

 

これらは火災保険の対象になる可能性があります。

これらを修理するのに必要な工事費用を火災保険会社から出してもらえるのです。

火災保険からもらったお金は用途を問われない

火災保険からもらったお金は用途を問われません。

そのため、お金をもらって古民家再生の費用に充てることができます。

 

もちろん、用途を問われないということは、お金だけもらって終わりということもできます。

 

せっかく高いお金を払っている火災保険ですから、使わないのはもったいないです。

 

この手法の最大の注意点は「リフォーム後には使えない」ということです。

 

古民家のリフォームをする前に申請をしてお金をもらってください。

※リフォーム後は損壊箇所の証拠写真がとれないためです。

 

詳しくは『古民家・空き家のリフォーム・解体費用を火災保険からもらう方法』を読んでみてください。

まとめ

旭化成ヘーベルハウス、旭化成リフォームは古民家再生は行っていないようです。

 

古民家再生・リフォーム・リノベーションの業者選びは慎重に行ってください。