京谷の古民家再生の口コミや評判は?

京谷の古民家再生・リフォームはどうなのでしょうか?

 

残念ながらホームページを発見することができなかったため、あまり情報をとることができませんでした。

京谷の会社概要

京谷の会社概要をご紹介します。

  • 資本金:1000万円
  • 所在地:大阪府堺市北区黒土町58-2

古民家リフォームをしているようですが、ほとんど情報がありません。

一般社団法人全国古民家再生協会に登録しているようです。

口コミや評判は?

京谷さんの口コミ・評判を探してみましたがありませんでした。

ホームページがなかったため、情報を取ることができません。

古民家で民泊をやってみる

京谷さんの話とは関係ありませんが、古民家再生に役立つ情報をご紹介します。

 

大阪に古民家や空き家をお持ちの人の中には「民泊ビジネス」に興味のある人もいるでしょう。

 

特に、空き家の場合は放っておいても固定資産税や維持費がかかるばかりですから、何か空き家を収益化できたら良いですよね。

 

空き家や古民家を民泊として貸し出して、収益を上げられるようになりました。

民泊新法の施行

2018年6月15日から民泊新法が施行されます。

 

一般の人でも、家屋やマンションに人を宿泊させることで収益を得られるようになりました。

※もちろん、申請と認可が必要です。

 

特に、外国人観光客に民泊施設の需要は高いです。

日本人は民泊になじみがありませんが、海外では当たり前の文化です。

 

日本は相変わらずの観光人気国であり、大阪は外国人観光客に人気の都市です。

 

2020年の東京オリンピックもあり、これからも外国人観光客はたくさんやってきます。

 

ご自身の空き家や古民家を民泊にして商売をするメリットもあるわけです。

 

ただし、民泊にはデメリットやリスクもあるため、リスクを把握した上で民泊をやってみるかどうかの判断が必要です。

 

民泊ビジネスのリスクやデメリットをご紹介します。

民泊=安宿であることを知っておく

大前提ですが、旅行者は「民泊に泊まりたい」と思っているわけではありません。

 

特に外国人観光客で民泊を利用する人の多くは「安宿を探している」という理由で民泊に宿泊しています。

 

バックパッカーの人などは特にそうです。

別にビジネスホテルでも旅館でも良いわけですが、費用的な面で安い民泊を選択しています。

 

ということは、民泊ビジネスをするうえで知っておくべきは「宿泊料を上げすぎないこと」です。

 

「高い民泊」となると需要が一気に減ります。

 

また、高い民泊をしたいのであれば「高い理由」が必要です。

  • 日本の田舎の古民家に泊まれる
  • 農作物の収穫体験ができる
  • 囲炉裏のある家に泊まれる
  • 設備が素晴らしい

など、宿泊料金が高い理由が必要です。

※商売ですから当然のことですね。

 

「高い理由」が見当たらない場合は、宿泊料は安めに設定した方が良いでしょう。

外国人観光客のトラブルにご注意を…

民泊ビジネスでもっとも不安なのが、宿泊客とのトラブルですよね。

特に、相手が外国人となれば不安も増えると思います。

 

前述の通り、民泊に泊まる外国人観光客は「宿泊料が安いから」という理由で民泊を選択しているケースが多いです。

 

「安い宿に泊まる人=トラブルを起こす人」というのはあまりに乱暴な考え方ですが、統計上はやはり安宿の方がトラブルは多いのが現実です。

 

日本人との文化の違いもあります。

国によりますが、外国の人は日本人よりもお酒をたくさん飲む人も多いです。

 

当然、酔っぱらい方も日本人とは違い、暴れる人もいます。

飲酒がきっかけでトラブルになってしまうリスクもあります。

 

火災の発生、騒音で近隣からの苦情、汚物の問題、殺人事件…など、想定されるトラブルにはなかなか厳しいものもあります。

 

こうしたリスクやデメリットを背負ってでも民泊をやるかどうかは、慎重に検討する必要があります。

 

詳しくは『古民家や空き家や別荘を民泊にできるのか?』を読んでみてください。

まとめ

残念ながら、京谷さんの情報はほとんどありませんでした。

 

古民家再生やリフォームでもっとも重要なのが業者選びです。

業者選びは慎重に行いましょう。